羅生門 ; 蜘蛛の糸 ; 杜子春 : 外十八篇

書誌事項

羅生門 ; 蜘蛛の糸 ; 杜子春 : 外十八篇

芥川龍之介著

(文春文庫, [あ-29-1])

文藝春秋, 1997.2

タイトル別名

現代日本文学館

タイトル読み

ラショウモン ; クモ ノ イト ; トシシュン : ホカ ジュウハッペン

大学図書館所蔵 件 / 33

注記

芥川龍之介年譜 / 吉田精一編: p472-484

その他のタイトルとシリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

小説家の登龍門である「芥川賞」に、その名をとどめる芥川龍之介は、深刻な人生の悩みに耐えながら、機智と諧謔と博識を駆使し、みごとな短篇小説を書き残した。新鮮な抒情、傑出した虚構、そして明晰な文章で、今なお人々を魅了してやまない不世出の天才の代表的作品を、一冊に収めた21世紀への日本の遺産。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA30938481
  • ISBN
    • 9784167113056
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    484p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ