ドイツ「素人医師」団 : 人に優しい西洋民間療法 (ホメオパティー)

書誌事項

ドイツ「素人医師」団 : 人に優しい西洋民間療法 (ホメオパティー)

服部伸著

(講談社選書メチエ, 113)

講談社, 1997.9

タイトル別名

ドイツ素人医師団 : 人に優しい西洋民間療法 (ホメオパティー)

ドイツ素人医師団 : 人に優しい西洋民間療法

タイトル読み

ドイツ シロウト イシ ダン : ヒト ニ ヤサシイ ホメオパティー

大学図書館所蔵 件 / 131

内容説明・目次

内容説明

十八世紀ドイツが生んだ、「西洋の漢方」としてのホメオパティー。自然治癒力を重視する独自の療法は、フランス、オーストリア、アメリカへと広まっていく。十九世紀、その信奉者たちが提唱し、ヨーロッパ医学界を震撼させた「素人医師」運動を軸に、近代医学との相克と、再び見直される現代の意義とを明らかにする。

目次

  • プロローグ 「西洋の漢方」ホメオパティー
  • 第1章 ホメオパティー理論の誕生
  • 第2章 近代医学の歩み
  • 第3章 近代医学へのアンチテーゼ
  • 第4章 素人医たちの反種痘運動
  • 第5章 ホメオパティー運動の「転向」
  • エピローグ 現代によみがえるホメオパティー

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ