マルチメディア技術の基礎DCT(離散コサイン変換)入門 : JPEG/MPEGからウェーブレット, 重複直交変換(LOT)まで

著者

書誌事項

マルチメディア技術の基礎DCT(離散コサイン変換)入門 : JPEG/MPEGからウェーブレット, 重複直交変換(LOT)まで

貴家仁志, 村松正吾共著

(I/F essence)

CQ出版, 1997.9

タイトル別名

マルチメディア技術の基礎DCT入門

タイトル読み

マルチメディア ギジュツ ノ キソ DCT ( リサン コサイン ヘンカン ) ニュウモン : JPEG/MPEG カラ ウェーブレット チョウフク チョッコウ ヘンカン ( LOT ) マデ

大学図書館所蔵 件 / 85

注記

奥付・背の書名: マルチメディア技術の基礎DCT入門

参考文献: p227-229

内容説明・目次

内容説明

本書は、DCTでなぜ圧縮できるのか、DCTのさまざまなタイプの使い分けは、といった疑問に答えつつ、ウェーブレットや重複直交変換(LOT)といった、「DCTの先」の技術も解説します。数学的な記述はできるかぎり避け、ディジタル信号処理技術の応用という立場から解説しています。

目次

  • 第1章 DCTで何ができるか
  • 第2章 DCTのタイプと画像への応用
  • 第3章 DCTとフーリエ変換
  • 第4章 画像圧縮におけるDCT
  • 第5章 DCTの高速実現
  • 第6章 DCT,フィルタ・バンクとLOT,ウェーブレット
  • 第7章 DCTに代わる新しい変換—LOTと一般化LOT
  • 第8章 DCTの仲間

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ