書誌事項

治療の展開

中安信夫編

(分裂病の精神病理と治療 / 吉松和哉編, 8)

星和書店, 1997.9

タイトル読み

チリョウ ノ テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 56

内容説明・目次

内容説明

本書は一九九五年三月三十一日〜四月二日の三日間行った「分裂病の精神病理と治療・第八回ワークショップ」の記録である。

目次

  • 慢性分裂病状態に見られる「初期分裂病症状」とその治療的意義
  • 幻声に対する精神療法の試み—患者の幻声体験のとらえ方に変化を与え、幻声への対処力を増すための認知療法的接近法
  • 分裂病者の「重さの感覚」をめぐって—“硬さ”と“やわらかさ”の観点から
  • 慢性分裂病者の社会復帰と責任性について
  • 分裂病治療の臨床的基盤—自己回復力の精神生物学
  • 近年増加傾向にある治療困難な若年分裂病者の精神病理と治療—構造化されない極期をもつ分裂病の不安と退行をめぐって
  • 分裂病治療における非特異的なるものをめぐって
  • 緊迫困惑気分に潜む加害・自罰性—分裂病初期状態における自殺に関連して

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA32706760
  • ISBN
    • 4791103599
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    211p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ