社会の実存と存在 : 汝を傷つけた槍だけが汝の傷を癒す

書誌事項

社会の実存と存在 : 汝を傷つけた槍だけが汝の傷を癒す

柿本昭人, 嶋守さやか著

(Sekaishiso seminar)

世界思想社, 1998.4

タイトル読み

シャカイ ノ ジツゾン ト ソンザイ : ナンジ オ キズツケタ ヤリ ダケ ガ ナンジ ノ キズ オ イヤス

大学図書館所蔵 件 / 86

注記

文献一覧: 巻末p5-17

内容説明・目次

内容説明

社会学が自明の前提とする「社会」は根拠を持って「実存」せず、いかなる根拠も持たない空虚な縁取りとしてのみ「存在」する—。学としての社会学の存立を問う意欲的試み。

目次

  • 第1章 汝を傷つけた槍だけが汝の傷を癒す
  • 第2章 デュルケム—社会教の誕生
  • 第3章 ウェーバー—プロテスタントは消えても『プロテスタント』は消えない
  • 第4章 パーソンズ—神とは私のことである
  • 第5章 コント—社会を存立させるマゾヒズム

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA35133343
  • ISBN
    • 4790707075
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    v, 197, 17p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ