教育を変える学校図書館の可能性 : 子どもたち一人ひとりが主人公

書誌事項

教育を変える学校図書館の可能性 : 子どもたち一人ひとりが主人公

学校図書館問題研究会編

(みんなの図書館双書, 10 . 司書のいる学校図書館 ||シショ ノ イル ガッコウ トショカン ; 2)

教育史料出版会, 1998.8

タイトル読み

キョウイク オ カエル ガッコウ トショカン ノ カノウセイ : コドモタチ ヒトリ ヒトリ ガ シュジンコウ

大学図書館所蔵 件 / 123

内容説明・目次

内容説明

本書では、小・中学校、高校、障害児学校から、八つの学校図書館を紹介しています。いずれの図書館にも専門の職員がいて、日常的に図書館を動かしています。どの実践からも、子どもたちの「知りたい」「読みたい」「調べたい」という気持ちを大切にしている姿が伝わるでしょう。そこでは、学校図書館が子どもたちの生活のなかに、授業をはじめとする教育活動のなかにしっかりと根づいています。それだけではありません。子どもたちが、教師が、授業が、学校が変わっていくようすも見えてくるはずです。学校図書館は教育のあり方を変える可能性をもっているのです。もちろん、そのためには司書としての専門性を、教師が教師としての専門性をみがいていくことが大切です。

目次

  • 序 いま学校図書館がやらなければならないこと(学校図書館の現状と課題)
  • 第1章 学校図書館のサービスが教育を支える(学校には図書館があってね…;学校図書館は「どこでもドア」 ほか)
  • 第2章 学校図書館で心の扉を開く(「わたしのセンター」と言ってもらうために;子どもたちに本の力を—中学校図書館においてのブックトークとおはなし会 ほか)
  • 第3章 「座談会」学校図書館の明日に向けて語る—法「改正」をふまえて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA37223695
  • ISBN
    • 4876523460
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    229p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ