性のペルソナ : 古代エジプトから19世紀末までの芸術とデカダンス

書誌事項

性のペルソナ : 古代エジプトから19世紀末までの芸術とデカダンス

カミール・パーリア著 ; 鈴木晶 [ほか] 訳

河出書房新社, 1998.8

タイトル別名

Sexual personae : art and decadence from Nefertiti to Emily Dickinson

タイトル読み

セイ ノ ペルソナ : コダイ エジプト カラ 19セイキマツ マデ ノ ゲイジュツ ト デカダンス

大学図書館所蔵 件 / 119

注記

原著(London : New Haven : Yale University Press, 1990)の翻訳

上巻の訳者: 鈴木晶, 入江良平, 浜名恵美, 富山英俊

下巻の訳者: 鈴木晶, 富山英俊, 栂正行, 保坂嘉恵美, 葉月陽子

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784309230528

内容説明

体制アカデミズムと既成のフェミニズムを痛烈に批判した著者の代表作。

目次

  • 第1章 性と暴力、あるいは自然と芸術
  • 第2章 西洋の眼の誕生
  • 第3章 アポロンとディオニュソス
  • 第4章 異教の美
  • 第5章 ルネッサンスの形式—イタリア美術
  • 第6章 スペンサーとアポロン—『妖精女王』
  • 第7章 シェイクスピアとディオニュソス—『お気に召すまま』と『アントニーとクレオパトラ』
  • 第8章 太地母の復帰—ルソー対サド
  • 第9章 アマゾン、母、亡霊—ゲーテからゴシックまで
  • 第10章 縛られた性、解き放たれた性—ブレイク
  • 第11章 母なる自然との結婚—ワーズワース
  • 第12章 レズビアンの吸血鬼という悪魔—コールリッジ
  • 第13章 速度と空間—バイロン
巻冊次

下 ISBN 9784309230535

内容説明

久しく待望されていた「壮大な知」の試み—既成の性とジェンダーを攪乱する衝撃の世界的ベストセラー、記念碑的大著。

目次

  • 光と熱—シェリーとキーツ
  • 性と美の崇拝—バルザック
  • 性と美の崇拝—ゴーチエ、ボードレール、ユイスマンス
  • ロマン主義の影—エミリー・ブロンテ
  • ロマン主義の影—スウィンバーンとペイター
  • ダイモン化されたアポロン—デカダン派美術
  • 破壊者としての美少年—オスカー・ワイルド
  • 英国的両性具有—ワイルド『まじめが肝心』
  • アメリカのデカダン派—ポー、ホーソーン、メルヴィル
  • アメリカのデカダン派—エマソン、ホイットマン、ジェイムズ
  • アマーストのサド侯爵夫人—エミリー・ディキンソン

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA37503545
  • ISBN
    • 4309230520
    • 4309230539
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ