書誌事項

狂牛病 : イギリスにおける歴史

リチャード・W・レーシー著 ; 渕脇耕一訳

緑風出版, 1998.10

タイトル別名

Mad cow disease : the history of BSE in Britain

タイトル読み

キョウギュウビョウ : イギリス ニ オケル レキシ

大学図書館所蔵 件 / 173

注記

関連年表: p281-287

参考文献: p288-299

内容説明・目次

内容説明

本書は、全国の牛に大被害をもたらし、人間にも広まるかもしれず、黒死病以来もっとも感染力が強く、死亡率も高い疫病であることが証明される可能性のある死病について、詳しく、分かりやすく書かれている。海綿状脳症は牛から人間に種を越えて移るだろうか?こんなひどい状況になったのは、どうしてなのだろう?狂牛病をめぐる状況は悲劇であると同時に、スキャンダルでもある。

目次

  • はじめに 使者を撃ち殺すな
  • 第1章 クロイツフェルト・ヤコブ病という人間の海綿状脳症
  • 第2章 危機到来の背景
  • 第3章 その他の海綿状脳症
  • 第4章 サウスウッド報告書
  • 第5章 1989年、防ぎようのないものを防ぐという難題の始まり
  • 第6章 1990年、牛海綿状脳症との最初の闘い
  • 第7章 1991年、小康状態
  • 第8章 1992年、最悪のシナリオが目前に
  • 第9章 1993年、深まる危機
  • 第10章 1994年、水平感染から垂直感染へと、危機拡大の兆し

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA38232363
  • ISBN
    • 4846198197
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    310p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ