書誌事項

エラスムスの勝利と悲劇

[ツヴァイク著] ; 内垣啓一, 藤本淳雄, 猿田悳訳

(ツヴァイク伝記文学コレクション / [ツヴァイク著], 6)

みすず書房, 1998.11

タイトル別名

Triumph und Tragik des Erasmus von Rotterdam

Worte während des Weltkrieges

Der europäische Gedanke in seiner historischen Entwicklung

タイトル読み

エラスムス ノ ショウリ ト ヒゲキ

大学図書館所蔵 件 / 75

注記

エラスムスほかの肖像あり

収録内容

  • エラスムスの勝利と悲劇 / 内垣啓一訳
  • 世界大戦中の発言 / 藤本淳雄訳
  • ヨーロッパ思想の歴史的発展 / 猿田悳訳

内容説明・目次

内容説明

ルネサンス最大の人文主義者、ロッテルダム出身のエラスムス(1466頃‐1536)。最初の宗教改革者として、カトリック教会の制度を批判し、聖書の校訂を行い、古代文献の紹介によって、信仰の内面化に道を開いた。その後ルターが宗教改革を唱えて勢力を伸ばした際は、カトリックそしてプロテスタントいずれにも組せず、自由な思考を貫いた。ナチスの影がヨーロッパを覆い始めた時期に、ツヴァイクのヒューマニスティックな思想を開陳する評伝。他に「世界大戦中の発言」として五篇の論文、講演「ヨーロッパ思想の歴史的発展」を収める。

目次

  • エラスムスの勝利と悲劇(使命と人生の意味;時代への展望;暗い青春 ほか)
  • 世界大戦中の発言(不眠の世界;うれい知らぬ人びとのもとで;ベルタ・フォン・ズットナー ほか)
  • ヨーロッパ思想の歴史的発展

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA38562470
  • ISBN
    • 4622046660
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    328p, 図版 [4] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ