書誌事項

中世国家と東国・奥羽

伊藤喜良著

(歴史科学叢書)

校倉書房, 1999.2

タイトル別名

中世国家と東国奥羽

タイトル読み

チュウセイ コッカ ト トウゴク オウウ

大学図書館所蔵 件 / 107

内容説明・目次

内容説明

本書は主として中世後期の国家と権力について論じたものであるが、この課題について二つの視角からみている。一つの論点は、国家と王権について検討している点である。もう一つは、東国・奥羽地域、社会の特質と中世国家の関わり、中央からの相対的自立性と共通性について検討していることである。その中でも殊に鎌倉府・奥州探題という支配権力の様態を明らかにすることを課題としている。

目次

  • 序論 中世国家の特徴と東国・奥羽の支配秩序
  • 1部 王権と国家(建武政権試論—成立過程を中心として;中世後期からみた王権;室町期の国家と東国 ほか)
  • 2部 鎌倉府と東国社会(初期の鎌倉府;鎌倉府覚書—幕府統治機関からの「自立」過程の基礎的分析を中心として;死亡逃亡跡と買地安堵 ほか)
  • 3部 奥州探題と奥羽世界(奥州探題に関する二、三の論点;北辺の地と奥州探題体制;薄衣申状とその伝来 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ