ハーマンの理性批判 : 十八世紀ドイツ哲学の転換

書誌事項

ハーマンの理性批判 : 十八世紀ドイツ哲学の転換

磯江景孜著

世界思想社, 1999.2

タイトル別名

ハーマンの理性批判 : 十八世紀ドイツ哲学の転換

ハーマンの理性批判 : 十八世紀ドイツ哲学の転換

タイトル読み

ハーマン ノ リセイ ヒハン : 18セイキ ドイツ テツガク ノ テンカン

大学図書館所蔵 件 / 93

内容説明・目次

内容説明

啓蒙の十八世紀に異彩を放ち、「深遠なる精神の人」と呼ばれたヨハン・ゲオルク・ハーマンの人と思想を、カント、ヤコービ、ヘルダーら同時代人と交わした書簡をも駆使しつつ、哲学的、神学的かつ文学的側面から見事に描き出した著者ライフワークの結晶。

目次

  • 第1章 回心に至るまで
  • 第2章 ソクラテス的実存
  • 第3章 『オプティミズム試論』と「断片的なもの」の救済
  • 第4章 ドイツ的啓蒙の問題
  • 第5章 理性のメタ批判者の態度
  • 第6章 理性の純化と数学・形式の特質
  • 第7章 分析・抽象化・体系
  • 第8章 ハーマンにおける理性と矛盾
  • 第9章 ハーマンの言語思索
  • 第10章 ハーマンにおける解釈学的問題
  • 第11章 十八世紀における哲学の転換要求

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4034134X
  • ISBN
    • 4790707482
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    v, 296, vp
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ