書誌事項

古代和歌の世界

鈴木日出男著

(ちくま新書, 191)

筑摩書房, 1999.3

タイトル読み

コダイ ワカ ノ セカイ

大学図書館所蔵 件 / 93

内容説明・目次

内容説明

個人的な情感をうたう和歌。しかし万葉の昔より、和歌を詠む営みは世界から隔絶された孤独なものでなく、むしろ共同作業的な色彩が強いものだった。本書は、万葉集から新古今集までの古代和歌を中心に、日本の短詩形文学の共同性に焦点をあてる。様々な人間関係のなかで生み出された類歌や歌言葉、掛詞や見立てなど、表現技法が歴史のなかに蓄積されて和歌を支えるさまを、見事に描きだす。古代文学研究の第一人者が、日本の短詩形文学がもつ様式美の源泉に迫り、その構造と成立過程を丹念に説く明快な入門書。

目次

  • 古代和歌のあらまし
  • 場の共同性
  • 類歌—言葉の共同性(1)
  • 枕詞・序詞
  • 『万葉集』の世界
  • 歌言葉—言葉の共同性(2)
  • 掛詞・見立て
  • 『古今集』の世界
  • 女歌の表現性
  • 物語の和歌
  • 「古今和歌集」への道
  • 古典詩歌の共同性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ