書誌事項

宗教学

細谷昌志, 藤田正勝編

(新しい教養のすすめ)

昭和堂, 1999.5

タイトル別名

Science of religion

タイトル読み

シュウキョウガク

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

参考文献: p268

内容説明・目次

内容説明

宗教は多様な側面をもっている。それは自己の実存に関わるものであるが、しかし単なる内面の事柄ではなく、同時に表現や行為でもある。他者への、あるいは社会への関わりをその内に含む。また死生観や世界観という側面をももつ。そして実際の宗教現象もまた、きわめて多様である。そのように多様な面をもつ宗教を学問の対象にすることは、必ずしも容易ではない。しかしその多面性が、逆にそれをより興味深いものにもしている。本書では、できるだけ多くの方面から光を当て、その興味深さを引き出してみたいと考えた。そのために、各章でそれぞれの観点から宗教がどのように見えるか、どのように捉えられるかをまず概説することを試みた。しかし概観するだけでなく、現代という視点から宗教を見た場合に、重要かつアクチュアルな意味をもつ点について、別に項目を立てて詳しい解説を行うようにした。その点に本書の特徴がある。

目次

  • 序章 宗教学への誘い
  • 第1章 宗教哲学の地平
  • 第2章 宗教における言葉と行為
  • 第3章 宗教体験と心理
  • 第4章 宗教的世界観
  • 第5章 宗教現象の諸相—「自然葬」をどう考えるか
  • 第6章 宗教と政治
  • 第7章 宗教と倫理と科学
  • 第8章 世界の諸宗教
  • 第9章 宗教の現在と行方
  • 第10章 宗教学の方法論

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA41556512
  • ISBN
    • 4812299101
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    xi, 279p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ