書誌事項

福澤諭吉論の百年

西川俊作, 松崎欣一編

(Keio UP選書)

慶応義塾大学出版会, 1999.6

タイトル別名

福沢諭吉論の百年

タイトル読み

フクザワ ユキチ ロン ノ ヒャクネン

大学図書館所蔵 件 / 115

内容説明・目次

内容説明

福沢諭吉は20世紀を迎えるに当たり「独立自尊迎新世紀」と大書したが、世紀の黎明をしっかり見届け、その66年の生涯を閉じた(1901年2月3日)。それから100年、21世紀の到来も間近な今日、政治・経済・社会・文化の諸分野において世紀末の混迷は深い。本書は、いまあらためて福沢を時代の「テキスト」として繙こうとする読者におくる、異色出色の福沢諭吉論18篇—100年の歴史をもつ『三田評論』掲載のエッセイの中から選ばれた、23人の著者・講師(外国人2人を含む)による諸篇と、Japan Times、3人の無名婦人の弔詞弔文を収める。

目次

  • 1 哀悼、そして回想(哀悼福沢諭吉;福沢翁の特性;福沢先生と長沼村の関係 ほか)
  • 2 著作を通じて(福沢諭吉の道徳観に於ける「理」と「情」との観念について;福沢先生とその国際政治論;『福翁自伝』の思い出 ほか)
  • 3 ジャーナリスト福沢(福沢諭吉とアジア;ヴェトナム近代における福沢諭吉と慶応義塾;「出版免許の課長」は本当に「大丈夫なる請人」であったか—明治七年の福沢批判に関する一史料 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ