神の懲役人 : 椎名麟三文学と思想

書誌事項

神の懲役人 : 椎名麟三文学と思想

松本鶴雄著

菁柿堂 , 星雲社(発売), 1999.5

タイトル読み

カミ ノ チョウエキニン : シイナ リンゾウ ブンガク ト シソウ

大学図書館所蔵 件 / 29

注記

椎名麟三略年譜:p230〜235

内容説明・目次

内容説明

椎名麟三が目指したものは『神の懲役人』になることであった。—『日常の獲得』と『裏切りへの呵責』を手がかりに、初期作品からの思想の変遷をたどり椎名文学の核心にせまる。

目次

  • 1章 謎の十日—原作『黒い運河』から『深夜の酒宴』へ
  • 2章 原風景紀行—ユダ的心理と故郷回帰
  • 3章 キリスト巡歴—ニーチェとドストエフスキーとキルケゴールの影
  • 4章 神と民衆—『重き流れのなかに』から『邂逅』まで
  • 5章 美しい自由(おんな)—小説は思想を超えられるか
  • 6章 カフカ的不条理—『勤人の休日』と『復縁』の象徴性
  • 7章 言語の限界点—カフカ、第三の自由、『懲役人の告発』など

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA42416701
  • ISBN
    • 4795279829
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ