書誌事項

30年代の危機と哲学

E.フッサール, M.ハイデッガー, M.ホルクハイマー著 ; 清水多吉, 手川誠士郎編訳

(平凡社ライブラリー, 299)

平凡社, 1999.8

タイトル読み

30ネンダイ ノ キキ ト テツガク

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

イザラ書房1976年6月刊の再刊

内容説明・目次

内容説明

1930年代の思想はファシズム、ナチズム一色であったのか。第一次世界大戦によって生鋭化した近代ヨーロッパ文明への危機意識は、社会と文化、そして「知」そのものへの問いへと向かった。ヨーロッパの危機と再生を、20世紀を代表する三人の哲学者が提起する。

目次

  • ヨーロッパ的人間性の危機と哲学
  • ドイツ的大学の自己主張
  • なぜわれらは田舎に留まるか?
  • 社会の危機と科学の危機

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA42768924
  • ISBN
    • 9784582762990
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    204p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ