蒼穹と共生 : 立原正秋 山川方夫 開高健の文学

書誌事項

蒼穹と共生 : 立原正秋 山川方夫 開高健の文学

金子昌夫著

菁柿堂 , 星雲社 (発売), 1999.6

タイトル別名

蒼穹と共生 : 立原正秋山川方夫開高健の文学

タイトル読み

ソウキュウ ト キョウセイ : タチハラ マサアキ ヤマカワ マサオ カイコウ タケシ ノ ブンガク

大学図書館所蔵 件 / 19

内容説明・目次

内容説明

透きとおった蒼空の動かしがたい美しさ—立原正秋、山川方夫、開高健が共に青春前期に見つめた青空を、同世代の深い共感をもって描く、作品論・作家論集。

目次

  • 1 立原正秋(立原文学と湘南;『雪のなか』;『春の病葉』 ほか)
  • 2 山川方夫(山川方夫論;「山川方夫全集」解説;「山川方夫珠玉選集」解説 ほか)
  • 3 開高健(開高健論—「廃墟の世代」の空虚と悲哀;証言としての文学)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA43430173
  • ISBN
    • 4795279837
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    222p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ