宗教と社会福祉の思想

書誌事項

宗教と社会福祉の思想

三宅敬誠著

東方出版, 1999.10

タイトル読み

シュウキョウ ト シャカイ フクシ ノ シソウ

大学図書館所蔵 件 / 100

注記

その他の参考文献: p279-280

内容説明・目次

内容説明

社会福祉理論の研究が援助の実践に直接結びつかず、社会福祉理論が慈善やボランティアを実際に阻害する。宗教のない福祉国家は全体主義になるともいわれる、現在国家試験の予備校化した大学の授業は正しいのであろうか。

目次

  • 第1章 戦後日本の社会福祉の概念規定
  • 第2章 岡村理論とは
  • 第3章 近代的社会福祉理論の思想と問題
  • 第4章 宗教制度と社会福祉
  • 第5章 援助と自立の関係
  • 第6章 仏教社会福祉の歪み
  • 第7章 宗教教団の役割
  • 第8章 国を超える共同体の考察に向けて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ