書誌事項

昭和陸軍の研究

保阪正康著

朝日新聞社, 1999.11

タイトル読み

ショウワ リクグン ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 103

注記

参考文献: 下p851-852

内容説明・目次

内容説明

国家を滅亡の危機にさらし、国民に苛酷な運命を強いた指導者たちは、その責任をとったといえるのか。二・二六事件で、青年将校をおだてておきながら、情勢が変化するや豹変し、鎮圧側に回った将軍。自らの栄達のためにだけ無謀な作戦を試みた指揮官。兵站・補給の後方思想がなく、兵士を飢餓地獄に追い込んだ参謀。戦後、GHQの一部にとりいり、旧陸軍再建を策した参謀など、「責任の自覚」がない軍人指導者の意識や行動を検証。五百を超す関係者の証言と、膨大な資料によって、その官僚体質を明らかにする。

目次

  • 第1部 昭和陸軍前史—建軍からの歴史
  • 第2部 昭和陸軍の興亡(張作霖爆殺事件と関東軍の陰謀;関東軍参謀・石原莞爾と満州事変;満州建国と陸軍軍人の錯誤;皇道派と統制派—二・二六事件の二つの顔 ほか)
  • 第3部 昭和陸軍後史—戦後社会への影(敗戦時に指導者はどう身を処したか;参謀たちの昭和陸軍再建の動き;巣鴨プリズンでの軍事指導者たち;戦友会という組織にみる昭和陸軍の体質 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ