首脳外交 : 先進国サミットの裏面史

書誌事項

首脳外交 : 先進国サミットの裏面史

嶌信彦著

(文春新書, 083)

文藝春秋, 2000.1

タイトル読み

シュノウ ガイコウ : センシンコク サミット ノ リメンシ

大学図書館所蔵 件 / 83

注記

主な参考文献リスト: p220-222

サミット史年表: p224-235

内容説明・目次

内容説明

「ランブイエ」に始まり、いま「沖縄」へ。激動の四半世紀に、50人の首脳が繰りひろげた合従連衡の駆け引き、相互の赤裸々な人物鑑定—。

目次

  • 第1章 戦う首脳たち—「結束」の舞台裏で
  • 第2章 日本国首相の孤独—“沈黙”の席を脱せるか
  • 第3章 サミット二十五年の変遷—それは世界を仕切ってきたか
  • 第4章 シェルパたちの戦い—もうひとつの秘話
  • 第5章 サミット演出法—マスコミ、警備、もてなし…
  • 第6章 日本のサミット外交—限界にきた“受け身”対応
  • 第7章 沖縄から二十一世紀へ—再生を問われるサミット

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ