科挙の話 : 試験制度と文人官僚

書誌事項

科挙の話 : 試験制度と文人官僚

村上哲見 [著]

(講談社学術文庫, [1426])

講談社, 2000.4

タイトル読み

カキョ ノ ハナシ : シケン セイド ト ブンジン カンリョウ

大学図書館所蔵 件 / 169

注記

講談社現代新書(1980年9月刊)の再刊

内容説明・目次

内容説明

隋唐時代に始まった官吏登用試験、科挙。高級官僚になり、名誉と財産と特権を得るために、どうしても通らなければならない狭き門であった。この制度の歴史と実態を唐宋を中心にして解明し、韓愈・柳宋元・白居易・蘇軾ら受験競争の中に生きた知識人たちの姿を興味深いエピソードを交えながら描き出す好著。

目次

  • 序章 科挙とは何か(都大路の春;科挙の由来とその理念)
  • 第1章 エリート官僚への道—歴代の官吏任用法(科挙がはじまるまで;さまざまなコース ほか)
  • 第2章 巨大化する科挙—試験のしくみと実態(中央および地方の試験場;レベルの違いをどうする ほか)
  • 第3章 どんな試験が行われたか(いろいろな試験種目;経書の試験 ほか)
  • 第4章 科挙制度の光と影(試験を受けるまで;えこひいきと事前運動 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA46127229
  • ISBN
    • 4061594265
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    253p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ