書誌事項

ポスト・マルクス主義と政治 : 根源的民主主義のために

エルネスト・ラクラウ, シャンタル・ムフ著 ; 山崎カヲル, 石澤武訳

大村書店, 2000.3

復刻新版

タイトル別名

Hegemony and socialist strategy : towards a radical democratic politics

ポストマルクス主義と政治

タイトル読み

ポスト マルクス シュギ ト セイジ : コンゲンテキ ミンシュ シュギ ノ タメ ニ

大学図書館所蔵 件 / 90

注記

原著(London: Verso, 1985)の全訳

本書の旧版は1992年に、大村書店より発行

内容説明・目次

内容説明

根源的、絶対自由的な民主主義をいかにして構築するか?マルクス主義を脱構築し、新たなヘゲモニー概念を提起。新しい社会変革思想の形成に取り組んだ論争的書。

目次

  • 第1章 ヘゲモニー概念の系譜学(ローザ・ルクセンブルクのジレンマ;危機—ゼロ度の;危機への第一の応答—正統派マルクス主義の形成 ほか)
  • 第2章 ヘゲモニー—新しい政治戦略の困難な出現(複合的発展と偶発性の論理;「階級同盟」—民主主義と権威主義とのあいだで;グラムシによる転換 ほか)
  • 第3章 社会的なものの実定性を越えて—敵対性とヘゲモニー(社会編成と重層的決定;節合と言説;「主体」というカテゴリー ほか)
  • 第4章 ヘゲモニーと根源的な民主主義(民主主義革命;民主主義革命と新しい敵対性;反民主主義的攻勢 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA46155610
  • ISBN
    • 475632021X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    315p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ