芸術学の100年 : 日本と世界の間

書誌事項

芸術学の100年 : 日本と世界の間

金田晉編著

勁草書房, 2000.6

タイトル別名

芸術学の一〇〇年 : 日本と世界の間

タイトル読み

ゲイジュツガク ノ 100ネン : ニホン ト セカイ ノ アイダ

大学図書館所蔵 件 / 171

注記

芸術学関連年表: 巻末pii-xiii

収録内容

  • かたちの論理 : 芸術学の成立 / 金田晉
  • 芸術学の現在 : 感覚、メディアからの見直し / 岡林洋
  • 内界と外界 : 文学の一〇〇年 / 水島裕雅
  • 観客の登場 : 新しい観客観の出現 / 青木孝夫
  • 日本の美術館と観客 / 菅村亨
  • 日本の近代化とスポーツ観客の誕生 / 樋口聡
  • 北斎の位置づけをめぐる闘争 : 創成期の「日本美術史」をめぐるある挿話 / 稲賀繁美
  • 「アフリカ美術」の形成 : 美術館と博物館の二〇世紀 / 吉田憲司
  • ピクチャレスクの移植 : 英国式庭園から現代へ / 安西信一
  • 森村泰昌 変身する自由 / 圀府寺司

内容説明・目次

内容説明

西欧のこの100年に日本はどう向き合ったのか。国策としての芸術、西欧流異文化理解など、複雑な背景を探りつつ、西欧主導の歴史を捉え直して芸術の可能性を考える。

目次

  • 1 芸術学の歩みと現在(かたちの論理—芸術学の成立;芸術学の現在—感覚、メディアからの見直し;内界と外界—文学の100年)
  • 2 芸術学の現代—近代日本におけるメディアと観客(観客の登場—新しい観客観の出現;日本の美術館と観客;日本の近代化とスポーツ観客の誕生)
  • 3 芸術学の現代—異文化美術への視線(北斎の位置づけをめぐる闘争—創成期の「日本美術史」をめぐるある挿話;「アフリカ美術」の形成—美術館と博物館の20世紀;ピクチャレスクの「移植」—英国式庭園から現代へ;森村泰昌、変身する自由)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA47247780
  • ISBN
    • 4326851686
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xx, 212, xiiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ