書誌事項

幼児の絵は生活している

宮武辰夫著

文化書房博文社, 2000.7

改訂新版 / 創造美育協会静岡県支部編

タイトル別名

幼児の繪は生活している

タイトル読み

ヨウジ ノ エ ワ セイカツ シテ イル

大学図書館所蔵 件 / 71

注記

参考文献:p185

内容説明・目次

内容説明

著者は絵を通して子供の心の奥底を知り、そこから絵を通しての教育を出発させている。これこそ育てる教育であり、自力で伸びてゆく力強い子どもを育てる教育の姿である。幼児画の秘密。名著の改訂新版。

目次

  • 幼児の絵は生活の記録
  • 伝承する抑圧と生活画
  • 絵で木登りをする
  • 環境の支配
  • 幼児の絵はデタラメか
  • いじくり期
  • いしぐり期と絵画材料
  • 象徴期の絵
  • 象徴期の絵の扱い方
  • 幼児の絵は神通力を持つ〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ