日本近代史の総括 : 日本人とユダヤ人、民族の地政学と精神分析

書誌事項

日本近代史の総括 : 日本人とユダヤ人、民族の地政学と精神分析

湯浅赳男著

新評論, 2000.7

タイトル読み

ニホン キンダイシ ノ ソウカツ : ニホンジン ト ユダヤジン ミンゾク ノ チセイガク ト セイシン ブンセキ

大学図書館所蔵 件 / 91

注記

文献ノート: p291-296

内容説明・目次

内容説明

戦後の日本人の歴史認識を問う。維新から敗戦までの対外関係史を西ヨーロッパ文明圏との対比を軸に、壮大な文明史水位で一挙に読み解く。「歴史学的想像力」復権の第三弾。

目次

  • 序章 総括は民族を成熟させる
  • 1章 東アジア世界体制の解体(朝貢冊封体制の破壊;東アジア文明の中の日本;近代国際社会と当面させられる日本)
  • 2章 日米の宿命の関係(同盟国から仮想敵国へ;幻想のアジア;米中同盟=日本の破滅 ほか)
  • 3章 ユダヤ人の歴史から学ぶもの(結局ユダヤ人も国家を再建した;ユダヤ人を鍛練したもの;ユダヤ人の近代化への苦闘 ほか)
  • 4章 人類社会の中の日本(地政学から精神分析へ;日本人の精神の発展段階)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ