書誌事項

イルカとウミガメ : 海を旅する動物のいま

吉岡基, 亀崎直樹著

(現代日本生物誌 / 林良博, 武内和彦編集, 4)

岩波書店, 2000.11

タイトル読み

イルカ ト ウミガメ : ウミ オ タビ スル ドウブツ ノ イマ

大学図書館所蔵 件 / 203

注記

文献: 巻末p1-6

内容説明・目次

内容説明

涙を流しながら産卵するウミガメ。大海をジャンプするイルカ。その姿を見て感動しない人はいない。しかし、ウミガメは帰る浜を失い、イルカは水産資源を人間と奪い合う相手でもある。そして、ウミガメはしばしば漁網に捕らわれてしまう。大海の動物にも自由はなくなってしまうのか。彼らの動物学的特性と人間とのさまざまな関わりを明らかにし、ともに生きる道をさぐる。

目次

  • 第1部 イルカ(イルカと;イルカ?;海で;水族館で ほか)
  • 第2部 ウミガメ(涙を流すウミガメ;ウミガメという動物;ウミガメの系統を考える;日本のウミガメ ほか)
  • 第3部 討論・イルカとウミガメは何を問うているのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ