書誌事項

ユートピアの消滅

辻井喬著

(集英社新書, 0066B)

集英社, 2000.11

タイトル読み

ユートピア ノ ショウメツ

大学図書館所蔵 件 / 99

内容説明・目次

内容説明

ユートピア思想とは何か。古代より人々は理想社会を様々に模索した。桃源郷の夢から哲人政治、共産主義思想、民主主義、自由主義社会。だが社会主義経済の消滅、資本主義経済の破綻などを経て、理想は遠のいた。日本でも、連合赤軍事件、三島由紀夫事件、そしてバブルの破裂などが起こり、ユートピア思想はその力を失った。本書は著者の海外、特にロシア体験を織りまぜながら、ユートピア思想の消滅と、その再生を考察したものである。

目次

  • 第1章 60年代のユートピア
  • 第2章 ユートピアの諸類型
  • 第3章 地滑りするユートピア
  • 第4章 消費社会とペレストロイカ
  • 第5章 二十一世紀のユートピアは

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA49347265
  • ISBN
    • 4087200663
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    217p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ