書誌事項

美術史「ウィーン学派」

ユーリウス・フォン・シュロッサー [著] ; 細井雄介訳

中央公論美術出版, 2000.11

タイトル別名

Die Wiener Schule der Kunstgeschichte : Rückblick auf ein Säkulum deutscher Gelehrtenarbeit in Österreich

美術史ウィーン学派

タイトル読み

ビジュツシ ウィーン ガクハ

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

シュロッサーの年代順著作目録: p107-134

美術史記述の歴史における最重要ドイツ語文献年表 / ヴィルヘルム・ヴェツォルト[編]: p191-198

内容説明・目次

内容説明

『ウィーン創世記』のヴィクホフ、『後期ローマ工芸』のリーグル、『精神史としての芸術史』のドヴォジャークなど、ウィーン美術史学派の伝説的半神や天才たちが、眼の神殿で演じた芸術と言語の比類ないドラマの軌跡。ウィーン美術史学派百年の歴史。

目次

  • ベームと交友圏
  • カメジーナ
  • ザッケン
  • ハイダー
  • アイテルベルガー
  • タウジンク
  • ヴィクホフ
  • ジッケル
  • リーグル
  • ドヴォジャーク
  • シュロッサー

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA49537624
  • ISBN
    • 4805503939
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    212p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ