「病める家族」、その精神病理 : 依存の心理と自己中心の心理

書誌事項

「病める家族」、その精神病理 : 依存の心理と自己中心の心理

大原健士郎 [著]

(講談社+α文庫)

講談社, 2000.1

タイトル読み

ヤメル カゾク ソノ セイシン ビョウリ : イゾン ノ シンリ ト ジコ チュウシン ノ シンリ

大学図書館所蔵 件 / 19

注記

「「家族愛」、その精神病理」(1996年刊)の改題

内容説明・目次

内容説明

病める家族は病める人をつくり、病める人は病める家族をつくる。いま、なんの問題もない家族なんてない!人が何かしら抱えている心の闇と「家族の病理」を正しく認識すれば、健全な夫婦、親子関係を築くことが可能になる。この一冊で、崩壊しつつある家族内人間関係の修復を図り、家族全員が幸せになれる。

目次

  • 第1章 「家族の病」とは何か(交錯した家族模様;「人格の形成」は遺伝と環境)
  • 第2章 「家族愛」にひずみが起きている(「理想的な家庭」;「絵」に現れる心理;「夫婦」はもともと赤の他人;父親のあり方)
  • 第3章 頑なな秩序が「家族」を滅ぼす(「生命のリズムの障害」;病める子どもたち;欲求不満が大きな原因)
  • 第4章 「家族」全員が幸せになるために(「アルコール」に頼る心理;「自分を殺す行為」;人間の宿命)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA51307434
  • ISBN
    • 406256405X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    278p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ