エンタテインメント発想の経営学 : "遊び"が生む現代ヒット戦略

書誌事項

エンタテインメント発想の経営学 : "遊び"が生む現代ヒット戦略

山根節著

ダイヤモンド社, 2001.4

タイトル別名

Management wisdom in entertainment software business

タイトル読み

エンタテインメント ハッソウ ノ ケイエイガク : アソビ ガ ウム ゲンダイ ヒット センリャク

大学図書館所蔵 件 / 72

内容説明・目次

内容説明

シリコンバレーから日本を見れば—時代に先駆けるヒット経営を、丹念に解析した刺激的労作。

目次

  • プロローグ いま、なぜエンタテインメントか?—「喜」と「楽」の高付加価値
  • 第1章 おもしろコンテンツが売れる—「顔黒、山姥」はお好き?
  • 第2章 オーディションで才能をハンティング—観客が厳選する世界
  • 第3章 リスク最小のマネジメント—「探索」ビジネスの組織論
  • 第4章 ワンソース・マルチユース・マルチハード—「ネットワークの経済性」を追求せよ
  • 第5章 成功のインセンティブ—そして「失敗する自由」
  • 第6章 アンチテーゼの準備—飽きられるときがきて
  • エピローグ 日本企業の明日の経営パラダイム—「市場に聞け!」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA51837471
  • ISBN
    • 4478373582
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 210p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ