書誌事項

バルテュス

阿部良雄, 與謝野文子編

白水社, 2001.5

新装復刊

タイトル別名

Balthus Balthazar Klossowski de Rola

タイトル読み

バルテュス

大学図書館所蔵 件 / 79

注記

バルテュス略年譜: 巻末p5-7

内容説明・目次

内容説明

二十世紀最大の幻想画家バルテュス。その世界への、さまざまな入口からの案内書。不思議な存在感をもった少女たちのエロティシズムについての省察、西欧絵画の伝統との関連についてのエッセイ、いずれもが、バルテュスの絵の与える独特無比で新鮮な感動の確認へと、読者を誘う。

目次

  • 1(危険な伝統主義者(渋沢龍彦);バルテュス譚詩(酒井忠康);ヴェネツィア滅ぶべし(阿部良雄);バルテュスとクールベ(阿部良雄);伝統のしずかなる挑発(与謝野文子) ほか)
  • 2(ピエール画廊におけるバルテュス展(アントナン・アルトー);バルテュスに(ピエール・ジャン・ジューヴ);ラルシャンの記憶(ピエール・ジャン・ジューヴ);「街路」(ピエール・ロエブ);バルテュスに(ポール・エリュアール) ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA51973312
  • ISBN
    • 4560038848
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    239, 7p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ