書誌事項

奪われた祖国ポーランド : ミコワイチク回顧録

スタニスワフ・ミコワイチク著 ; 広瀬佳一, 渡辺克義訳

中央公論新社, 2001.4

タイトル別名

The rape of Poland : pattern of Soviet aggression

タイトル読み

ウバワレタ ソコク ポーランド : ミコワイチク カイコロク

大学図書館所蔵 件 / 67

注記

年表: p386-389

内容説明・目次

内容説明

ナチスに蹂躙されたポーランドに侵攻したのは連合国側のソ連だった。亡命政府を率いて、チャーチル、ローズヴェルト、スターリンと渡り合い、共産主義者のテロに抗して、国家の自立を希求したミコワイチクの苦闘。

目次

  • 平和なき戦勝記念日
  • 強奪
  • 同盟国
  • カティンの森事件
  • 愛国者の喪失とそれ以上のこと
  • 背信
  • 宥和の解剖
  • ヤルタ
  • 妄想
  • “人民民主主義”
  • 祖国
  • 脅迫
  • レファレンダム
  • 自由選挙
  • ソヴィエト化
  • 強まる締め付け
  • 最終局面
  • 脱出
  • 結論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ