アオテアロア/ニュージーランドの福祉 : インクルージョンのまなざし

書誌事項

アオテアロア/ニュージーランドの福祉 : インクルージョンのまなざし

八巻正治著

学苑社, 2001.3

タイトル別名

Aotearoa/welfare of New Zealand

アオテアロアニュージーランドの福祉 : インクルージョンのまなざし

タイトル読み

アオテアロア ニュージーランド ノ フクシ : インクルージョン ノ マナザシ

大学図書館所蔵 件 / 61

内容説明・目次

内容説明

南半球のニュージーランドは「小さな国の大きな実験国」と称されたように、大胆な社会構造改革を積極的に展開してきた国である。また、高度に洗練された福祉国家であるとともに、優れた多文化・多民族国家としての側面も併せもっている。この国では、すでに大規模福祉施設の解体・閉鎖作業をほぼ終え、グループホーム方式による地域支援が実現されている。本書は、ニュージーランドで展開されてきたインクルーシヴ学習、および福祉支援の歩みを、豊富な現地調査をもとに実証的に書き述べたものである。

目次

  • 序章 インクルージョン(インクルージョン思潮の萌芽;アオテアロア/ニュージーランドにおけるインクルージョン ほか)
  • 第1章 権利擁護システム(人権法令;教育環境における権利擁護)
  • 第2章 権利擁護団体・機関の理念と活動(『IHC』の活動;『CCS』の活動 ほか)
  • 第3章 インクルーシヴ学習の体系と実践(特別学習支援体系の概要;インクルーシヴ学習の実際 ほか)
  • 終章 インクルーシヴ社会構築への展望(インクルーシヴ社会形成の人間観;施設解体・閉鎖に基づく施設退所)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ