書誌事項

枕草子

[清少納言著] ; 角川書店編

(角川文庫, 12067 . 角川ソフィア文庫||カドカワ ソフィア ブンコ ; 95 . ビギナーズ・クラシックス||ビギナーズ クラシックス)

角川書店, 2001.7

タイトル読み

マクラノソウシ

大学図書館所蔵 件 / 88

内容説明・目次

内容説明

「源氏物語」とともに王朝女流文学を代表する珠玉の随筆集「枕草子」。清少納言の感性によって描写された機知に溢れる宮廷生活を、現代語訳を読むだけでもダイレクトに味わえる。装束・有職など図版も豊富に収録。

目次

  • 王朝の四季絵巻をひもとけば(春は、曙‐一)
  • 春を迎える喜び(ころは、正月‐二)
  • 小正月(ころは、正月‐二)
  • 大進生昌をやりこめる(大進生昌が家に‐五)
  • 中宮様のまわりはいつも春爛漫(清涼殿の丑寅の隅の‐二〇)
  • 女性の教養は一に習字、二に楽器、三に和歌(清涼殿の丑寅の隅‐二〇)
  • 女も世の中を知ろう(生ひ先なく‐二一)
  • 期待はずれでしらけてしまう(すさまじきもの‐二二)
  • 春の人事のゆくえ(すさまじきもの‐二二)
  • 癪にさわってにくたらしいもの(にくきもの‐二五)〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA53373484
  • ISBN
    • 4043574010
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    242p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ