書誌事項

第二次世界大戦

W.S.チャーチル著 ; 佐藤亮一訳

(河出文庫)

河出書房新社, 2001.7

  • 1 : 新装版
  • 2 : 新装版
  • 3 : 新装版
  • 4 : 新装版

タイトル別名

The Second World War

タイトル読み

ダイニジ セカイ タイセン

大学図書館所蔵 件 / 55

内容説明・目次

巻冊次

1 : 新装版 ISBN 9784309462134

内容説明

強力な統率力と強靭な抵抗精神でイギリス国民を指導し、第二次世界大戦を勝利に導いた歴史的な政治家チャーチル。本書は、歴史の舞台に直接参加した彼の手による、最も信頼すべき最高の第二次世界大戦の記録だ。深い歴史観に基づく著作活動によってノーベル文学賞を受賞した彼の歴史物語を堪能できる。第1巻は、一九一九年から第二次世界大戦勃発の翌年までを描く。

目次

第1部 不幸への一里塚—1919〜1940.5.10(勝者の愚行—1919〜1929;絶頂期の平和—1922〜1931;アドルフ・ヒトラー;いなごの年—1931〜1933;暗黒化への背景—1934;崩れた空軍の均衡—1934〜1935;挑戦と反応—1935;イタリアに対する制裁—1935;ヒトラー出撃す—1936;幕間の舞台裏—1936〜1938 ほか)
巻冊次

2 : 新装版 ISBN 9784309462141

内容説明

一九三九年九月、ついに英仏両国はドイツに宣戦布告し、史上例を見ない規模の世界大戦が勃発した。翌年五月、ドイツ軍はオランダとベルギーに侵攻してフランスに進撃、たった三週間でフランス軍は壊滅状態に陥った。イギリスは最初は無防備のまま孤立するが、敵対的中立を装ってヒトラーを支援するソ連をよそに、「単独で」ヒトラー・ドイツと耐久戦を始める。

目次

第2部 単独で—1940.5.10〜1941.6.22(挙国連立;フランスの戦い;海への進軍;ダンケルクの救出;獲物へ殺到;ふたたびフランスへ;本土防衛と反撃体制;フランスの苦悩;ダルラン提督とフランス艦隊—オラン;窮地に立って ほか)
巻冊次

3 : 新装版 ISBN 9784309462158

内容説明

ソ連の参戦は連合国側には歓迎すべきことだったが、強力なドイツ軍を相手に、その抵抗力は充分とは言えなかった。一九四一年十二月、日本の真珠湾奇襲攻撃によってついにアメリカが参戦に踏み切り、戦線は欧州から一挙にアジア太平洋地域へと拡大した。枢軸側の猛攻の前に連合国側は苦戦を強いられたが、カサブランカ会議やカイロ会談など反抗の準備が始まる。

目次

第3部 大同盟—1941.12.7〜(われわれの同盟国ソ連;ルーズベルトとの会見;ペルシアと沙漠;真珠湾!;世界大戦さなかの旅;英米の一致;シンガポール陥落;Uボートの天国;アメリカ海軍の勝利。珊瑚海とミッドウェイ島;「第二戦線をいま!」 ほか)
巻冊次

4 : 新装版 ISBN 9784309462165

内容説明

第二次世界大戦は、連合国側による反抗へと戦局が転換していた。ドイツ、イタリア、日本は守勢にまわり始め、スターリングラードの攻防戦で形勢は完全に逆転した。シシリー征服からイタリア進攻、テヘラン会談。そして一九四四年六月六日、ついに史上最大の作戦「ノルマンディー上陸」が開始された。翌年五月、チャーチルはドイツの無条件降伏を発表した。

目次

第4部 勝利と悲劇—1943〜1945(シシリーの征服とムッソリーニの失脚;人工の港湾;イタリア進攻;地中海における停頓;北極洋の輸送;テヘラン会談—開幕;テヘラン—難問と解決;カルタゴとマラケッシュ;チトー元帥—ギリシアの苦悩;アンチオ攻撃 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA53960945
  • ISBN
    • 9784309462134
    • 9784309462141
    • 9784309462158
    • 9784309462165
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    4冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ