ハンセン病・いま、私たちに問われているもの

書誌事項

ハンセン病・いま、私たちに問われているもの

日本弁護士連合会編

(クリエイツDO Book's, 人権 ; 001)

クリエイツかもがわ , かもがわ出版 (発売), 2001.11

タイトル読み

ハンセンビョウ イマ ワタクシタチ ニ トワレテ イル モノ

大学図書館所蔵 件 / 45

内容説明・目次

内容説明

政府が約束した名誉回復、在園保証、社会復帰対策、そして真相究明の課題はあまり進展していない。それはなぜか、差別、偏見、加害の本質を考え、Q&A、対談「何が裁かれたか」などで、私たち一人ひとり取り組むべき課題を明らかにする。

目次

  • ハンセン病—差別、偏見、加害の本質を考える(穏やかさの向こう側;骨になっても帰れない ほか)
  • ハンセン病Q&A(ハンセン病の予防に「隔離」は必要だったのですか?;私たちは、ハンセン病患者に対して、どのような差別をしてきたのでしょうか? ほか)
  • 対談 何が裁かれたか—専門家の責任(法律と政策が生み出した加害構造;医学が果たした役割 ほか)
  • ひたすらに「人間回復」を求めて—元患者さんたちの手記(「人間回復」へ;真相究明に命をかけた人々 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ