書誌事項

アニマル・セラピーの理論と実際

岩本隆茂, 福井至共編

培風館, 2001.12

タイトル別名

アニマルセラピーの理論と実際

タイトル読み

アニマル セラピー ノ リロン ト ジッサイ

大学図書館所蔵 件 / 255

注記

引用・参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

本書は、近年心理臨床や介護、福祉の場で注目を集めているアニマル・セラピーについて詳説した初の専門的解説書である。背景となる理論や研究を概観し、さまざまな現場における実践例を数多く紹介するとともに、こうした治療的側面に加え子どもの発達との関わりやペット・ロスといった動物の飼育に関する心理的な問題もとりあげ、人にとって動物とのきずなが持つ意味を考察する。

目次

  • アニマル・セラピーの理論と実際—編者まえがきにかえて
  • 第1部 アニマル・セラピーの理論(アニマル・セラピーの歴史;アニマル・セラピーの理論と研究法;アニマル・セラピーに用いる動物の選択)
  • 第2部 アニマル・セラピーの実際(身体障害者と動物介在療法;うつ病性障害へのアニマル・セラピーの効果;精神科病棟におけるアニマル・セラピー;アルツハイマー型老年痴呆への動物介在活動の効果;ターミナルケアにおける動物介在活動;高齢者福祉施設の居住者と動物介在活動;性的虐待と動物介在治療法;刑務所における動物介在療法)
  • 第3部 動物の飼育をめぐる諸問題(子どもの発達と動物の存在;動物の飼育と「ペット・ロス(喪失)症候群」)
  • インターネットを利用したアニマル・セラピーの情報検索

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ