フランス植民地主義の歴史 : 奴隷制廃止から植民地帝国の崩壊まで

書誌事項

フランス植民地主義の歴史 : 奴隷制廃止から植民地帝国の崩壊まで

平野千果子著

(武蔵大学研究叢書, No.101 . 人文叢書||ジンブン ソウショ ; No.23)

人文書院, 2002.1

タイトル読み

フランス ショクミンチ シュギ ノ レキシ : ドレイセイ ハイシ カラ ショクミンチ テイコク ノ ホウカイ マデ

大学図書館所蔵 件 / 30

この図書・雑誌をさがす

注記

フランス植民地関連年表: p337-343

主要参考文献: p344-358

内容説明・目次

内容説明

植民地=文明化という論理の分析。V・シュルシェールら奴隷制廃止論者が熱心な植民地拡張論者だったのはなぜか。アルジェリア、西アフリカ、インドシナ、カリブ海に刻んだ150年間のフランス植民地主義の歴史を本国と関連させて辿り、第二次大戦後の民族独立戦争からクレオールの復権の意味までを視野に収めた意欲作。

目次

  • 序 なぜフランスの植民地か
  • 第1章 奴隷制廃止と「文明化」
  • 第2章 カリブ海からアルジェリアへ—イスマイル・ユルバンを通して
  • 第3章 帝国主義の時代
  • 第4章 「危機の二〇年」の諸相
  • 終章 「オクシデンタリズム」を問う

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ