戦後フランス政治の実験 : 第四共和制と「組織政党」1944-1952年

書誌事項

戦後フランス政治の実験 : 第四共和制と「組織政党」1944-1952年

中山洋平著

東京大学出版会, 2002.3

タイトル別名

A political experiment in post-war France : the Fourth Republic and its "organized parties", 1944-1952

戦後フランス政治の実験 : 第四共和制と「組織政党」一九四四-一九五二年

戦後フランス政治の実験 : 第四共和制と組織政党1944-1952年

タイトル読み

センゴ フランス セイジ ノ ジッケン : ダイ4 キョウワセイ ト 「ソシキ セイトウ」 1944-1952ネン

大学図書館所蔵 件 / 129

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

内容説明・目次

目次

  • 序章 対象と分析枠組(党組織構造—ミリタン主義と「勢力範囲」;議会連合政治と政党モデル ほか)
  • 第1章 「三党体制」—「組織政党」構想の実現と中絶(「ミリタンの共和国」—第四共和制という政治プロジェクト;「三党体制」の連合政治と“新たな政治構造”の試み ほか)
  • 第2章 「組織された第三勢力」運動—「組織政党」構想の再生(「第三勢力」の選択と組織戦略;「第三勢力」組織化と党内過程 ほか)
  • 第3章 「第三勢力」後期—院内への撤退と寡頭支配の成立(私立学校補助金紛争—争点管理と党組織の開放性;SFIO—一元化の進行と書記局‐大県連連合 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ