エンデの警鐘 : 地域通貨の希望と銀行の未来

書誌事項

エンデの警鐘 : 地域通貨の希望と銀行の未来

坂本龍一, 河邑厚徳編著

日本放送出版協会, 2002.4

タイトル別名

Ende's warning to the future

タイトル読み

エンデ ノ ケイショウ : チイキ ツウカ ノ キボウ ト ギンコウ ノ ミライ

大学図書館所蔵 件 / 219

内容説明・目次

内容説明

エコロジーの破局か、エコノミーの破滅か—未来世代の希望につながる「第三の道」はあるか?ファンタジー作家M・エンデに導かれ、音楽家・坂本龍一とともに、「未来を奪う経済学」を撃ち、地域通貨の実践と銀行の胎動を紹介する。

目次

  • 対話・プロローグ エンデの遺言をどう読み解くか(坂本龍一×河邑厚徳)
  • 第1章 未来を奪う経済学
  • 第2章 地域通貨・さまざまな実践
  • 第3章 地域通貨はどこへ行く?
  • 論考 地域通貨から何が見えてきたか—実体経済と貨幣経済の非対称性(森野栄一)
  • 第4章 変わる銀行・生まれる銀行
  • 第5章 オルタナティブな銀行が始まった
  • 第6章 環境と共存めざす銀行・地域を支える銀行
  • 対話・エピローグ 「お金と銀行」のこれからを問うこと(坂本龍一×河邑厚徳)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA56590966
  • ISBN
    • 4140806672
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    318p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ