書誌事項

音の万葉集

高岡市万葉歴史館編

(高岡市万葉歴史館論集, 5)

笠間書院, 2002.3

タイトル読み

オト ノ マンヨウシュウ

大学図書館所蔵 件 / 107

内容説明・目次

内容説明

人の声、鳥のさえずりや羽音、動物の鳴き声や足音、自然の生みだす、樹々をわたる風、小川のせせらぎなど、『万葉集』の「音」に関わる表現、表記、語法、音韻の問題、さらに音楽制度などを通して万葉びとの音の感性に迫る。今日とは著しく異なる万葉びとの「音環境」に思いをめぐらしてはいかが。

目次

  • 万葉歌と歌謡と
  • 「声の歌」・「文字の歌」
  • 人にかかわる「音」世界
  • 『万葉集』の獣歌にみる音の表現—鹿の歌を中心として
  • 『万葉集』に鳴く鳥
  • 万葉からの視線—桓武天皇歌のホトトギス
  • 自然の音
  • 響かぬ楽の音—家持がうたわなかった「音」
  • 東北アジアの弓の音
  • 上代語における「音」に関しての私見
  • 古代の音楽制度と『万葉集』
  • 古代日本の王言について—オホミコト・ミコト・ミコトノリ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA56704511
  • ISBN
    • 4305002353
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 384p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ