日本型ワークシェアリング

書誌事項

日本型ワークシェアリング

脇坂明著

(PHP新書, 205)

PHP研究所, 2002.5

タイトル読み

ニホンガタ ワーク シェアリング

大学図書館所蔵 件 / 118

注記

参考文献: p202-204

内容説明・目次

内容説明

日本社会にワークシェアリングは根づくのか。それはもはや不可避の緊急課題となり、人材確保を重視する企業は早くも導入し始めた。いかに生産性を維持し、雇用を増やすか、さらに単なる欧米型ではなく、日本モデルを創出できるのか。本書は、「ファミリーフレンドリー」という、自分と家族の生活を配慮した、多様な働き方を実現する職場作りを提案。キャリアパスの構築、人材を保持する順送り方式、そして「短時間正社員」など、最新の企業実例を基にこれからの低成長時代に適した働き方を展望する。

目次

  • 第1章 いま、なぜワークシェアリングが必要か
  • 第2章 雇用・失業情勢の推移
  • 第3章 ワークシェアリングとは何か
  • 第4章 日本のワークシェアリング
  • 第5章 日本型ワークシェアリングの展望

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA57066636
  • ISBN
    • 4569622496
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    204p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ