現代の精神分析 : フロイトからフロイト以後へ

書誌事項

現代の精神分析 : フロイトからフロイト以後へ

小此木啓吾 [著]

(講談社学術文庫, [1558])

講談社, 2002.8

タイトル別名

現代精神分析の基礎理論

タイトル読み

ゲンダイ ノ セイシン ブンセキ : フロイト カラ フロイト イゴ エ

大学図書館所蔵 件 / 217

注記

1985年2月弘文堂刊の『現代精神分析の基礎理論』を底本とした

文献: p433-455

主要著作一覧: p472-473

内容説明・目次

内容説明

人のこころには広大な無意識の領野が潜んでいる!二〇世紀の思想を根源から変革した精神分析。それは、始祖フロイトのどのような発想から誕生したのか?いかに隣接諸学をまきこんで、巨大な人間学として大成したか?フロイトから現代のエリクソン、クライン、ウィニコットへ、一世紀にわたる精神医学の冒険を、斯界第一人者が総展望する待望の書。

目次

  • 1 フロイト理論の全体像(フロイトにおける根源的葛藤;フロイトの理論モデル)
  • 2 フロイトからフロイト以後へ(フロイト時代の諸学派;アーブラハムにおける精神分析的精神病理学;フェレンツィにおける母子関係‐自我発達論とバリントの受身的対象愛 ほか)
  • 3 フロイト以後の精神分析理論(自我心理学の発展;対象関係論の発展)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA58292266
  • ISBN
    • 406159558X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    473p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ