正統性の喪失 : アメリカの街頭犯罪と社会制度の衰退

書誌事項

正統性の喪失 : アメリカの街頭犯罪と社会制度の衰退

ゲリー・ラフリー [著] ; 大山小夜, 平井順, 高橋克紀訳

(現代社会学叢書)

東信堂, 2002.7

タイトル別名

正統性の喪失 : アメリカの街頭犯罪と社会秩序の衰退

Losing legitimacy : street crime and the decline of social institutions in America

タイトル読み

セイトウセイ ノ ソウシツ : アメリカ ノ ガイトウ ハンザイ ト シャカイ セイド ノ スイタイ

大学図書館所蔵 件 / 110

注記

監訳: 宝月誠

原著(Westview, 1998)の全訳

標題紙, 背, 表紙の副題(誤植): 「アメリカの街頭犯罪と社会秩序の衰退」

内容説明・目次

内容説明

「制度」の正統性の喪失—政治・経済・家族等、米国社会の全局面に現れた伝統的制度の無力化は、犯罪率の増加と明らかに相関している。60年代以降8倍にも達した街頭犯罪激増の原因を、膨大なデータ群分析を通じ的確に解明した、現代犯罪社会学研究の白眉。

目次

  • 第1章 戦後の犯罪動向を理解する
  • 第2章 犯罪の波—戦後アメリカにおける街頭犯罪の動向
  • 第3章 戦後アメリカにおける犯罪者の特徴と犯罪動向:第4章 既存の犯罪理論の評価
  • 第5章 犯罪と社会制度
  • 第6章 犯罪とアメリカの政治制度
  • 第7章 犯罪とアメリカの経済制度
  • 第8章 犯罪とアメリカの家族の変貌
  • 第9章 正統性の危機への制度的対応—刑事司法・教育・福祉
  • 第10章 戦後アメリカにおける犯罪と制度的正統性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA58304241
  • ISBN
    • 488713441X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 310p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ