書誌事項

臨床医のための処方せんの書きかた

東京大学医学部附属病院薬剤部編著

文光堂, 2002.8

第5版

タイトル別名

処方せんの書きかた : 臨床医のための

タイトル読み

リンショウイ ノ タメ ノ ショホウセン ノ カキカタ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

監修: 桐野高明, 加藤進晶, 伊賀立二

内容説明・目次

内容説明

東京大学医学部附属病院では医師向けの情報冊子等によって、医学部学生、研修医、医師に対して、適正な薬物療法のための処方せんの正しい書きかたについて説明してきた。本冊子はその際に用いるテキストを標準化したもの。今回の改訂では、注射薬を含め医療事故防止の観点からより実践的な処方例とそれに関連した必須事項を表形式にしたものを加え、実務書として内容をさらに充実させた。

目次

  • 処方せんの書きかた等に起因する医療事故を防止するために
  • 処方せん記載に関する主な法令等(保険診療の場合)
  • 処方せん記載上の留意事項
  • 実際の処方せんにみられた困った記載例
  • 処方する際に特に注意する薬剤の例
  • 処方する際に特に注意する記載例
  • 特別な服用方法を行う場合の記載例
  • 注射薬の処方せんの書きかた
  • 資料・参照法令等

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA5830651X
  • ISBN
    • 9784830603280
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 140p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ