インド開発のなかの労働者 : 都市労働市場の構造と変容

書誌事項

インド開発のなかの労働者 : 都市労働市場の構造と変容

木曽順子著

日本評論社, 2003.3

タイトル別名

インド : 開発のなかの労働者

タイトル読み

インド カイハツ ノ ナカノ ロウドウシャ : トシ ロウドウ シジョウ ノ コウゾウ ト ヘンヨウ

大学図書館所蔵 件 / 151

注記

参考文献: p281-295

内容説明・目次

内容説明

人びとは成長の果実を手にできるのか?揺れるインド巨大労働市場の実態と変化が貴重なデータとフィールドワークで明らかに。

目次

  • 経済変化と労働市場
  • 第1部 インド労働市場構造の歪み(組織部門雇用の伸び悩み;増加する「働く貧困層」;労働力の「女性化」)
  • 第2部 インド労働市場の歴史・慣習・制度(工場労働者形成小史;カーストとモビリティ;法・組織と労働者)
  • 第3部 インドの経済自由化と労働者(政・労・使の激しい攻防;経済改革と労働者のいま)
  • まとめと課題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ