書誌事項

CRMの実際

古林宏著

(日経文庫, 877 ; E40)

日本経済新聞社, 2003.4

タイトル別名

CRMの実際

タイトル読み

CRM ノ ジッサイ

大学図書館所蔵 件 / 103

内容説明・目次

内容説明

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)とは、顧客にワントゥワンに対応し、その価値を最大化する経営手法のこと。本書では、システム、コンピューターの知識がまったくなくても読み進められるよう、やさしく解説。顧客登録のためのインセンティブ、顧客の順位づけの方法、アクションプランなど、CRM実践の手順がよくわかる。また、CRM導入において失敗しないためのコツをQ&A形式でまとめた。

目次

  • 1 なぜCRMは重要なのか(CRMとはワントゥワンのアプローチ;ワントゥワンといっても顧客を区別 ほか)
  • 2 顧客を順位づける(順位づけの方法;上位顧客の順位変化を捉える ほか)
  • 3 顧客への働きかけ(出口発想のアクションプラン;上位顧客への働きかけ ほか)
  • 4 CRM導入のためのインセンティブ(インセンティブにはどんな形があるか;インセンティブだけに頼らない ほか)
  • 5 Q&A CRM導入で失敗しないためには(「顧客第一主義」とCRMはどう違いますか?;ポイントインセンティブによる顧客増は期待してよいのですか? ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA61653089
  • ISBN
    • 4532108772
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    199p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ