人はなぜ病院で感染するのか? : 院内感染対策の現在

書誌事項

人はなぜ病院で感染するのか? : 院内感染対策の現在

太田美智男著

日本放送出版協会, 2003.4

タイトル読み

ヒト ワ ナゼ ビョウイン デ カンセン スルノカ : インナイ カンセン タイサク ノ ゲンザイ

大学図書館所蔵 件 / 55

注記

主要参考文献: p206

内容説明・目次

内容説明

病気を治すはずの病院で感染する—それは人間にとって、理不尽なことではないのか?こうした一般の疑問に対して、常に最前線に立ち、日本の感染症対策をリードしてきた著者が、知られざる院内感染の実態を解き明かす、渾身の書き下ろし医学エッセー。

目次

  • 第1章 「院内感染対策」と私(私が経験した院内感染対策の教訓;ICTの活動 ほか)
  • 第2章 「院内感染」とは何か(院内感染の定義;感染症を理解する ほか)
  • 第3章 院内感染を起こす微生物(MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌);VRE(バンコマイシン耐性腸球菌) ほか)
  • 第4章 これからの院内感染対策(インフェクション・コントロールチーム(ICT)の必要性;標準予防策と感染経路別予防策 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA62292146
  • ISBN
    • 4140807865
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    206p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ