書誌事項

八月の日曜日

パトリック・モディアノ著 ; 堀江敏幸訳

水声社, 2003.8

タイトル別名

Dimanches d'août

タイトル読み

ハチガツ ノ ニチヨウビ

大学図書館所蔵 件 / 79

注記

原著 (Grllimard Press, 1986) の全訳

内容説明・目次

内容説明

たったひとり、モディアノの語り手は、いつも真っ白な現実にむきあわなくてはならない。彼らはいったいどこへ消えたのか?誰が悪いと責めることもできず、主人公はその折の衝撃のぶりかえしに怯えつづける。「胸の疼き」は、空白のまえで立ち止まったときに立ちあがってくる既視感をまえにした、ほとんど身体的な反応だが、謎の解決は、愛した女性の肌のにおいだけを残して、全身をゆるがすこの既視感に屈して放置される。だからこそ、マルヌ河の瘴気を払い、ニースへむかうまえの夏の日々の、期待と不安が奇蹟的に等価となる頁を読み返すたびに、読者は、この逃避行を生き直すことになるのだ。そのとき感じる「胸の疼き」は、もはや主人公だけのものではなく、私たちにも与えられた厳しい試練となり、またこのうえない喜びとなるだろう。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA63536290
  • ISBN
    • 9784891764753
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    228p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ