書誌事項

北のことばフィールド・ノート : 18の言語と文化

津曲敏郎編著

北海道大学図書刊行会, 2003.10

タイトル別名

北のことばフィールドノート

タイトル読み

キタ ノ コトバ フィールド ノート : 18 ノ ゲンゴ ト ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

文献案内: 各章末

収録内容

  • 序文 : 北方言語研究への一つの願い / 池上二良
  • はじめに : 北のことばを訪ねて / 津曲敏郎
  • 北サハリンを発つ朝 : ニヴフ / 白石英才
  • アムールの恵みとともに : ナーナイと他のツングース / 風間伸次郎
  • デルスの見た星 : ウィルタ~ナーナイ~ウデヘ / 津曲敏郎
  • 新天地をめざした白鳥の子孫 : シネヘン・ブリャート / 山越康裕
  • 英雄叙事詩を語り継いで北へ : ヤクート / 藤代節
  • 現代文化の奔流の中で : ユカギール / 遠藤史
  • フィールドから得るもの, 返すもの : コリャーク / 呉人恵
  • トナカイの角のような系図 : アリュートル / 永山ゆかり
  • カムチャツカの自然とともに生きる : イテリメン / 小野智香子
  • ツンドラにトナカイを追う : チュクチ / 呉人徳司
  • 極北の国際語 : シベリア・ユピック / 永井佳代
  • エスキモーの最大グループ : イヌイット/イヌピアック / 永井忠孝
  • 大国に翻弄された海洋民 : アリュート / 大島稔
  • 温帯雨林にはぐくまれた自然の中で : ツィムシアン / 笹間史子
  • トーテムポールに刻まれた願い : ハイダ / 堀博文
  • 「意外」との出会い : ヌートカ / 中山俊秀
  • 村に鮭が帰るとき : 海岸セイリッシュ・スライアモン / 渡辺己
  • グランドキャニオンの先住民 : ワラパイ / 中山(市橋)久美子
  • あとがき : 「文化をうつすことば」と環北太平洋 / 宮岡伯人

内容説明・目次

内容説明

失われつつある小さなことばたちを訪ねて、ことばの世界の魅力と話者への思いをつづる。

目次

  • 北サハリンを発つ朝—ニヴフ
  • アムールの恵みとともに—ナーナイと他のツングース
  • デルスの見た星—ウイルタ〜ナーナイ〜ウデへ
  • 新天地をめざした白鳥の子孫—シネヘン・ブリヤート
  • 英雄叙事詩を語り継いで北へ—ヤクート
  • 現代文化の奔流の中で—ユカギール
  • フィールドから得るもの、返すもの—コリャーク
  • トナカイの角のような家系図—アリュートル
  • カムチャツカの自然とともに生きる—イテリメン
  • ツンドラにトナカイを追う—チュクチ〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA63886066
  • ISBN
    • 4832933612
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    札幌
  • ページ数/冊数
    v, 266p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ